記事一覧

最終的に描ければよかろうなのだ

 絵灯ろう制作のヨタ話など。 絵灯ろう製作時、自分なりに使ってみたかった道具をいろいろ試していました。蝋を塗った部分はアイロンの熱を当てて整えるのが通例なのですが、アイロンだとかなり使い方にコツが必要で、細かい部分の作業は難しく感じてました。なにか代替できる道具はないかとネットを模索していて見つけたのが↓これ。衣服にアップリケ等を熱圧着させるデコペン。これが使い勝手良さそうだったので即ポチる。結果...

続きを読む

湯沢絵どうろうレポ始末②

絵灯ろうの夜 続き。商店街の範囲が広いので端から端まで歩くだけで結構時間を食います。 地元小学生制作のミニ絵灯ろう。湯沢市では小学生から絵灯ろう制作を授業に取り入れているとの事でした。幼い頃から技術を学べるのは素晴らしいですね。盆踊り。和装の撮影会。祭りに絡めたイベントもたくさんです。で、自分の。自分の絵灯ろうはこんな感じでした。優秀賞を頂きました。謹んでお受けいたします。 ほんで、(絵灯ろうの)...

続きを読む

湯沢絵どうろうレポ始末①

 8月5~7日に開催された湯沢絵灯ろう祭りを見に行ってきました。相も変わらず作品を至近距離で凝視していた不審カメラ小僧と化していましたが、制作側として大いに勉強になりました。画像が多いので2回に分けてご報告します。私のような研修生は180cm×130cmも小さいサイズに描きますが、プロの方は3m幅の巨大な和紙に描きます。今年のおきに3選。ツイッターでフォローしてる方々の作品も多く見受けやまかまたろう。 他に...

続きを読む

絵灯ろうまつり貼り付け作業

 先日、湯沢絵灯ろうの仕上げとして、作品を木枠に張り付ける作業に参加してきました。これは業者にやってもらうのではなく、参加者全員で手作業を行います。 リースした木枠に糊で四隅を張り、防水の透明カバーを覆いかぶせます。これがけっこう重労働。でも見栄えは格段に良くなるので楽しいです。 現場は他の参加者さんの作品も一堂に会するので目の保養になり候。力作揃いです。ともあれ、その全容は来月の七夕まつりを楽し...

続きを読む

湯沢市 絵どうろう祭り 2枚目筆入れまでダイジェスト

 2枚目進捗。勢いに任せて進めていきます。1枚目と比べて着物に柄の塗り分けが無いので作業自体は楽です(?)。カラスアゲハ。春と夏で羽根の色が変わる蝶のようです(図鑑みながら)。これは春仕様。あと2日でできるかな。やるんだよ。今日のモヤシ炒め。画像ブレブレ。マスミさんの秋田探訪...

続きを読む

かいてるひと

ゑびす

Author:ゑびす
秋田県大仙市出身。
秋田の文化や伝統を絵に描いてます。
特撮オタ。

ぶすだけ画廊

絵サイト

マスミさんの秋田探訪

Twitter(マスミさん)

ブログランキング

最新コメント

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29